不動産手数料ってどうして有るんだろうか?

不動産手数料ってどうして有るんだろうか?

借家なりなんなり、土地や建物を借りるとなれば不動産会社を仲介するのが一般的だ。

なかには仲介せず直接取引する方もいらっしゃるかもしれないが、少なくともそんなコネや知識やつながりのない一般人にとって、不動産会社を経由して何かしらの取引を行うことが、ごくごく自然な事なんではないかと思う。

と、なれば必然的に不動産手数料が必要になってくる。

誰かに何かを託して利用する、つまりは本来やるべきことをあなたに替わってやってもらうわけですから、その対価を支払うのは当たり前ですよね。

不動産手数料はこのような理由から発生するわけですが、にしてもその金額設定はどのような基準で設けられているのでしょうか?その答えは実はとても単純なことで決められています。

それはひとえに不動産会社の指先三寸で決まっているのです。

となれば、企業によってはとんでもない価格であってもおかしくありませんが、そんな事ではお客さんが来ないのである程度の相場かあります。

蛇の道は蛇の不動産手数料について

土地や建物などを借り入れる時には、だいたいが不動産の仲介会社を経由させてもらうことになる。

となれば、不動産手数料なんてものを支払ってなにかと凡雑な事務処理や管理手続きを丸投げできるわけだが、本来自分ですべてを行うことと、そんなふうに企業に委託するのとではどのくらい損得が考えられるのだろうか?おそらく、もともと限りなく土着の不動産事情に詳しくて、本人もその手のことに関してよく知っている人にしてみれば、不動産手数料を支払ってまでどこかの土地や建物を手に入れたりしようとは思わない…かもしれない。

というのも、凡雑なことにはかわりがないので、面倒だったり時間がなかったり人手が足りなかったりすれば、おのずと不動産手数料を支払ってあれやこれやをお任せしたほうが、まさに忙殺される心配はなくなるからだ。

権利関係の事もあるけれども、蛇の道は蛇に任せておく方が良いのは間違いなさそうだ。

まずは不動産手数料の仕組みを知ることから。

もしもあなたがチャレンジしたいなら止めないが。